PINGPONG -ピンポン-

スポンサーリンク

2002年 日本 114分 監督 曽利文彦 

キャスト

ペコ(窪塚洋介)

スマイル(ARATA)

ドラゴン(中村獅童)

アクマ(大倉孝二)

漫画を実写化した作品の中では1番好きです。この映画のどこが好きかというと、漫画の方もですが、主人公の男女間の恋愛が無いこと。

だいたい青春映画などでは、恋愛が絡んでいることが多いですが、ペコの恋愛などは一切出てきません。

ただ、ペコとスマイルの間に、ペコとオババの間に、スマイルとバタフライジョーの間に、と”愛”は溢れている映画です。

感動して泣くなんてシーンも無い?けど、良いんです。

脚本は宮藤官九郎です。この手の?映画にはお決まりの竹中直人や、荒川良々、あと松尾スズキも出てます。

音楽のいいです。SUPERCARの”YUMEGIWA LAST BOY”や”Strobolights””Free Your Soul”にsugar plantの”Rise”等、映画を見たらサントラが欲しくなります。

映画後半のペコとドラゴンの試合が良いです。チャイナの台詞も。

映画の最後にスマイルに卓球を教えてもらってた男の子、染谷将太だったんですね。

『ヒーロー見参!』